06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

屋内消火栓とは?使い方をご説明!

 

みなさん屋内消火栓はご存じでしょうか?
誰でも1度は見たことがあると思いますが、詳しくは分からない方が多いと思います。
今回は屋内消火栓について説明していきます。

 

【 屋外消火栓とは? 】

文字通り、屋外に設置する消火栓になります。
基本的な構造、仕組みは屋内消火栓と同じで、人が操作することによって火災を消火する設備であり、

 

・水源(貯水槽など)
・加圧送水装置(消火ポンプとモーター)
・消火栓起動装置(発信機など)
・屋外消火栓(地上式・地下式)
・ホース格納箱
・屋外消火栓箱(開閉弁、ホース、ノズル等)
・配管、弁類
・非常電源

などから構成されています。以下に違いがあります。

 

(防護できる水平距離)

・ 屋内消火栓・・・水平距離25m
・ 屋外消火栓・・・水平距離40m

(防護できる階)
・屋内消火栓・・・消火栓箱が設置してある階(10階に設置してあれば10階を防護できる)
・屋外消火栓・・・防火対象物の1階と2階

(ノズル(筒先)の大きさ)

・屋内消火栓・・・13mm以上(1号消火栓の場合)
・屋外消火栓・・・19mm以上

(ホースの大きさ)
・屋内消火栓・・・40A(内径41.6mm)×15mを2本使用
・屋外消火栓・・・65A(内径67.9mm)×20mを2本使用

(放水量の違い(放水圧力を0.40Mpaとした場合))
・屋内消火栓・・・ノズル13mmとして約220リットル/分
・屋外消火栓・・・ノズル19mmとして約471リットル/分

 

などに違いがあります。

 

【 屋内消火栓の使用方法 】

屋内消火栓設備は、大きく分けて2種類あります。
二人で操作する消火栓と一人でも操作できる消火栓の2種類があります。
操作手順は機種によって異なる場合がありますので、屋内消火栓ボックスの中に記載の操作手順とおりに操作してください。

<注意>
消火する際、身の危険を感じたら速やかに消火活動を中止して避難してください。

 

▼屋内消火栓設備(1人用)の使い方

(1)火災を発見したら、非常ベルのボタンを押します。
・ボタンを押すとベルが鳴り火災を知らせることができます。

 

(2)バルブを全開し、ノズルをもって火の元へホースを伸ばします。
・バルブを全開すると赤いランプが点滅します。これはポンプが動いた合図になります。
・一人用の消火栓はホースが巻かれて収納されています。

 

(3)ノズルのレバーを開放し放水を始めます。火の元を狙って放水しましょう。

 

※火の勢いが強い場合は無理をせず、避難してください。
※消火栓によって操作方法が異なる場合があります。事業所に設置されている消火栓を確認しましょう!

 

 

▼屋内消火栓設備(2人用)の使い方

(1)火災を発見したら、起動ボタンを押します。
・ボタンを押すとベルが鳴り火災を知らせることができます。
・ボタンを押すと赤いランプが点滅します。これはポンプが動いた合図になります。

 

(2)ノズルを取り、協力者と連携して火の元へホースを伸ばします。
・なるべくホースがねじれたり、折れたりしないように注意しましょう。

 

(3)協力者に放水合図を送り、協力者にバルブを開放してもらいます。

 

(4)火の元を狙って放水しましょう。

 

※火の勢いが強い場合は無理をせず、避難してください。

※消火栓によって操作方法が異なる場合があります。事業所に設置されている消火栓を確認しましょう!

 

【 まとめ 】

いかがでしたでしょうか。屋内消火栓は消火器同様初期消火に使用され、
消火器では消火できない火災も消火が可能ですが、使用には多少の知識と技術が必要です。
何が燃えているのかが分からない場合(油火災なのか電気火災なのか)は使用するのは難しいと思います。
ですが、毎分130㍑もの水を放水出来るのは消火活動に多大な貢献をすると思うので、
使用方法などを知っておくだけでも役に立つかもしれません。

大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop