06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

空調設備ってどんなもの?工事や耐用年数が知りたい


気温の変化が激しいと、外と室内の温度差に体調をくずしてしまいやすいですよね。

避けるためにも、室内温度を調節したい。

いろんな理由で空調設備を考えている方もいると思います。

でも、空調設備はエアコンの設置ということでいいの?
そのようなが疑問がわきますよね。

空調設備とはどういうものなのか、また工事はどんなものになるのか。

簡単にご説明いたします。

 

▶︎空調設備とは

空調設備とはエアコンなどによる温度調節も含みますが、それだけではありません。

空調設備は温度だけでなく湿度、空気清浄、気流なども調節する点です。

ちなみに空調設備は空気調和設備の略なんです。

種類としては4つ挙げることができます。

・対流(エアコン等)

・放射(壁掛け等タイプのヒーター等)

・伝導式(床暖房等)

・換気

なんとなく、イメージできましたか?

どんな物かわかると、工事がどういうものなのかも想像しやすいですよね。

 

▶︎工事には何か資格が必要なの?

エアコンや換気となれば電気工事士やダクト関係の管工事施工管理なども必要となりますね。

またビルなどの大きな建物の空調管理となると、以下の資格を持っていると良いとされます。

・第2種電気工事士
・危険物取扱者乙種4類
・ボイラー二級技士
・第3種冷凍機械責任者

 

さらにステップアップして以下の資格を持っていると業界内で重宝されます。

・建築物環境衛生管理技術者
・第3種電気主任技術者
・エネルギー管理士

すべて国家資格となりますから、

工事をお願いする時には資格保持等も確認した方がいいですね。

この中でも建築物環境衛生管理技術者は

ビル管理士、ビル管理技術者などと呼ばれていてかなり重要です。

 

▶︎空調設備には耐用年数はあるの?

耐用年数というと一般的にその設備の寿命のように思われます。

もちろん、その考えも間違いではありませんが、税金と関わっています。

空調設備は固定資産税(償却資産)になるため、税金がかかります。

この時の計算に耐用年数が影響するんです。

法定耐用年数といい、税法上で定められています。

数多くで設置されているエアコンで説明しますね。

エアコンの場合、6、13、15年と定められています。

どうして年数が一定でないのか気になりますよね。

エアコンとひとくくりにしても、器具・備品になるのか建物設備になるのかでわかれるからです。

エアコンが埋め込みなのか立てかけなのか、

などのタイプによって税金の場所が違う、ということですね。

間違った申告をして二重課税にならないように、気をつけましょう。

もし、迷った時には専門家や役所などで確認することをお勧めします。

確認をして申告をする方が、修正などで何度もやりとりをしなくて済みます。

このことを見ても、実際にまだ使えるのに

法定耐用年数によっては寿命と判断されてしまうので少し納得いかない方もいるでしょう。

ただし、こちらはあくまで推奨期間になります。

減価償却期間の終了と考えてください。

法定耐用年数が過ぎたからといってすぐに処分を検討しなければいけないわけではありません。

まだ使えるという場合はそのまま使えます。

ですが、法人の場合は減価償却がないため、

昨年と同じ売り上げでも利益に差が出るため

税金が上がる可能性があることは覚えておいてくださいね。

空調設備に限らず製品は常に進化しています。

購入当時よりも電気代や維持費などが安くなるものもあります。

税金と合わせて耐用年数(法的耐用年数)の過ぎた空調設備を新調する事も検討してみてはいかがでしょうか。

 

▶︎まとめ

・空調設備は温度だけではなく湿度、空気清浄、気流などの管理も含む
・工事には国家資格保有者が必要
・耐用年数は法的に定められているが、推奨期間であり使えるならそのまま使用できる
・法人の場合は減価償却期間終了となるため税金が増える可能性がある
・税金や維持費などを考えるなら、新調することも視野にいれてみる

ぜひ、空調設備を整えて体調をくずさないように気をつけてくださいね!

 

 

大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop