06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

スプリンクラー設置基準は施設によって異なります!


建物の用途によって、スプリンクラーの設置基準は異なります。
ここでは、用途ごとの違いを解説することにしましょう。
もちろん、階層ごとにスプリンクラー設置基準は変わってきます。
前回解説した階層の名称も思い出しながら、読んでくださいね!

 

・会場施設・集会施設・飲食店・公衆浴場
まずは、映画館・劇場などの会場施設、集会場・公会堂などの集会施設、飲食店、そしてサウナなどを有する公衆浴場です。
以上の施設に関しては、次のような設置基準が定められています。
・床面積6,000平米以上の一般階
・床面積1,000平米以上の地下・無窓階
・床面積1,500平米以上の中層階
・11階以上の高層階が存在する場合は建物の全フロア
注意するべきなのは、最後の項目です。
11階建て以上になっている場合、建物の全フロアにスプリンクラー設置義務が生じます。
11階以上の高層階だけに設置すれば良いというわけではありません。

・歓楽施設・娯楽施設
次に、キャバレー・ナイトクラブなどの歓楽施設、ダンスホール・カラオケなどの娯楽施設です。
以上の施設では、次のような設置基準が定められています。
・床面積6,000平米以上の一般階
・床面積1,000平米以上の地下・無窓階
・床面積1,000平米以上の中層階
・11階以上の高層階が存在する場合は建物の全フロア
歓楽施設や娯楽施設の場合、中層階の設置基準がやや厳しくなります。
また、11階建て以上の場合には、建物全体にスプリンクラー設置義務が生じるルールになっているので注意が必要です。

・店舗
デパート・スーパーなど店舗型の商業施設では、以下のような設置基準が定められています。
・床面積3,000平米以上の一般階
・床面積1,000平米以上の地下・無窓階
・床面積1,000平米以上の中層階
・11階以上の高層階が存在する場合は建物の全フロア
店舗の場合、一般階の設置基準が非常に厳しくなっています。
ほかの施設と比べて、半分の床面積でもスプリンクラーを設置しなければなりません。
また、11階建て以上の場合には建物の全階層にスプリンクラーが必要です。

・幼稚園・養護学校
教育機関のうち、幼稚園と養護学校(特別支援学校)にはスプリンクラーの設置基準が存在します。
・床面積6,000平米以上の一般階
・床面積1,000平米以上の地下・無窓階
・床面積1,500平米以上の中層階
・11階以上の高層階が存在する場合は建物の全フロア
通常の教育機関は11階以上の高層階だけに設置すれば良いことになっています。
しかし、幼稚園・養護学校は避難が困難な幼児・生徒を教育する機関です。
通常より厳格な基準が適用されるのは当然でしょう。

・地下街
地下街に関しては、延べ面積1,000平米以上の場合にスプリンクラーの設置が義務づけられています。
窓がなく、避難経路が限られるため、地上より厳格な基準になっているのです。

・11階以上の高層階
上述した施設ではなくても、原則、11階以上の高層階に関してはスプリンクラーの設置が義務づけられています。
11階以上になると、はしご車による避難も困難でしょう。
避難経路が限られるため、火災発生時には何としても初期消火しなくてはなりません。

 

 

医療施設や福祉施設などは複雑な区分が設けられていて設置基準が異なるので、次回詳しくご紹介していきます!


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop