06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

配管工事に関する資格


今回は、配管工事に関する資格について詳しくご紹介していきます。
どのような資格があるのでしょうか?

▶︎配管技能士
配管技能士とは、国家資格である技能士検定制度の一種です。
自分が持っている配管工事の技能を認定してくれる資格ですので、転職などにも役立ちます。
配管工事の仕事に就いている場合は、ぜひとも取得しておきたい資格です。

・配管技能士の種類
配管技能士には建築配管作業とプラント配管作業の2種類があり、それぞれ1級~3級まで設定されています。
3級は受験資格がありませんが、2級や1級は実務経験や学歴などが必要です。

・配管技能士の試験内容
配管技能士の試験は学科試験と実技試験があります。
実技試験とは実際に図面を見て配管を組み立てる試験です。
1級や2級の試験では、配管図から材料表を作成するなどより高度な内容が問われます。

・配管技能士の資格を取得するメリット
配管技能士の資格を取得すれば、前述したように配管工事の技術能力を客観的に証明できます。
配管工事は一種の職人技ですから、技術がある方は需要も高いのです。
ですから、1級配管技能士の資格を取得していれば資格手当がつくこともあります。

▶︎配管工事施工管理技士
配管工事施工管理技士とは、
配管工事を行う技術者を束ね、施工管理や安全管理・品質管理を行える資格です。
配管工事の責任者になれる資格ですので、
配管工事の現場でずっと働いていたいという方は取得しておいて損はないでしょう。
会社から取得をすすめられる方もいると思います。
また、配管工事施工管理技士の資格を取得すれば、主任技術者や監理技術者にもなれます。

・配管工事施工管理技士の種類
配管工事施工管理技士の資格には、1級と2級があります。
2級は工事現場で主任技術者になることができるほか、
一般建設業の営業所で専任技術者になることができる資格です。
1級は、建築業法で専任が義務付けられている専任の技術者や監理技術者になることができます。

・配管工事施工管理技士の資格を取得するには?
配管工事施工管理技士の資格を取得するには、
1級・2級ともに一定の実務経験を積んだ後に試験を受けて合格する必要があります。
ですから、配管工事の仕事をしながら勉強して合格する方が大半です。
試験内容は学科試験と実地試験があります。

・試験の難易度や試験を取得するメリットについて
配管工事施工管理技士の合格率は2級は30%~40%、1級が28%前後となっています。
実地試験が記述試験であり、自分が行った工事に基づいた経験記述も出題されるので、
学科試験に合格しても実地試験で不合格になるケースも珍しくありません。
配管工事施工管理技士の資格を取得すれば、建築業者が新しく営業所を開設する際にも必要な人材になれます。

 

▶︎建築整備士

建築整備士とは、建築士の求めに応じて建築設備の設計や工事監理に関するアドバイスを与えることのできる資格です。
建築設備の設計には、配管工事も含まれます。
取得して1年の実務経験を積めば、工事現場で主任技術者になることができたり、
一般建設業の営業所で専任技術者になれたりする資格です。

・受験資格について
建築整備士の受験資格は、1級管工事施工管理技士の資格取得者か、
2年~9年にわたって管工事や電気工事の実務経験を積んだ方が得られます。
2級管工事施工管理技士では受験資格が得られないので注意しましょう。

・試験内容について
建築整備士の試験内容は、学科試験と設計製図・記述試験があります。
学科試験に合格し、記述試験に不合格だった場合は、翌年に限り学科試験が免除されるので、
2年がかりで試験に合格する方も珍しくありません。
合格率は20%前後でずっと推移しているので、なかなか難易度の高い試験です。

 

 


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop