06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

配管工事に関する知識


建築物の天井の上、壁の中、床下などを、
まるで私たちの体の中を走る血管のように張り巡らされているのが「配管」です。
その配管を組み立てる重要な役割を担うのが配管工です。
水道管やガス管、排水管など、配管なしの日常生活は、もはや考えられません。

そんな配管工の仕事をするには、どうすればいいのでしょうか?
配管工には取得すべき資格があるのでしょうか?今回は配管工の仕事についてご紹介します。
私たちが水道やクーラーを快適に使えるのも、配管工の仕事のおかげです。
配管工の資格は、初心者でも受験できる3級配管技能士からステップアップできるので、
仕事に対する目標を立てやすく、年収アップへのモチベーションにもつながります。
手先を使ってコツコツと作業を進めることが得意な人には向いている仕事といえるでしょう。

配管工事とは、ガスや給排水・空調・給湯などの配管を建物に設置したり修理したりする工事のことです。
一般住宅から高層ビル・工場・商業施設などあらゆる建築物に配管工事は欠かせません。
配管工事は単純にガスやお湯・水を通す管を設置するだけでなく、施工計画や管理も必要です。
配管工事自体は無資格でもできますが、
持っている技術を客観的に証明したり現場の責任者になったりするには、資格が必要になります。

今回はまず配管工事に関する基礎知識をご紹介します。

 


 

▶︎配管工事に関する基礎知識

配管工事に関する基礎知識をご紹介します。

 

・配管工事とは?

配管工事とは、建物に水やお湯・空気・ガスなどを供給したり、排水を行ったりする管を建物に設置する工事です。
修繕や撤去をすることもあるでしょう。
建物内で水やガスが使えたり、空調で常に適温に保たれたりするのもすべて配管工事が正確に行われているからです。
配管工事は電気の配線工事と同様に、外からは見えません。
しかし、配管工事が上手に行われているかどうかで、建物の使い勝手がまるで違ってきます。
また、配管工事が正確に行われていなければ、ガス漏れや水漏れにつながるでしょう。

・配管工事を行うには?
配管工事自体は、管工事施工管理技士や給水装置工事主任技術者の監理の元、無資格でも行えます。
配管工事を行う専門の会社も日本中にたくさんあり、こうした会社に就職すれば配管工事を行うことができるでしょう。
配管工事の代表例をあげると
・ガス配管工事
・給排水配管工事
・空調設備の配管工事
・プラント配管工事
などがあります。

・配管工事の種類
ガス配管や給水管・排水管は文字どおりガスや水を通る管です。
ガスを使う場所や水道設備があるところで必要になります。
一般住宅や商業施設・オフィスビルなどどんな建物でも行われる工事です。
空調設備とは、エアコンや空気清浄機のことを指します。
空気が行き来する配管を設置する工事で、ダクト工事ともよばれているものです。
高層ビルや大規模商業施設ほど重要になっていきます。
プラント配管とは、工場などで使われる配管のことです。
管の中には空気や水だけでなく、製品の原材料などを通す配管も設置します。
そのため、プラント配管工事を専門に行う会社もあるのです。

・配管工事の資格について
配管工事の資格には、技能を認定する資格と施工管理や監督を行う資格があります。
技能を認定する資格を取得すれば、自分の配管工事の技術を客観的に証明ができるでしょう。
施工管理や監督を行える資格を取得すれば、責任者になることもできます。

 

次回、資格についてご紹介していきます。

 

 


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop