06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

空調設備の目的と種類について


空調設備は空気を調和させる設備のことです。調和というのは、空気の温度や湿度、気流や清浄度を目的にあった条件となるように処理をし、それを空間的に均一に分布させることです。

空調にも種類があり、大きく産業用空調保健用空調の二つに分類されます。

 

産業用空調とは、工場の機械やコンピュータなどの機能維持、あるいは貯蔵庫で保管する物の品質管理、そこで働く人の労働環境の維持などを目的とされています。

保健用空調とは一般的な建物の空調のことです。オフィスビルやホテル、病院、学校など働く人や居住する人が快適に過ごせるようにすることが目的です。

 

保健用空調では、事務所、デパート、ホテルなど特定用途に利用される建物であり特定建築物に該当する場合、ビル衛生管理法の建築物環境衛生管理基準で定められた空気環境基準を満たすように、空気調和設備の維持管理に努めなくてはなりません。

空調設備は、使う人にとって快適な空気環境をつくる、なくてはならない設備です。

 

空調方式もいくつかに分類されます。

《熱輸送方式による分類》

空調システムは空気を温めたり冷やしたりするために熱を運ぶ媒体として何を利用するかによって分類されます。

 

全空気方式

空気で熱を運びます。空調機により外気と室内からの換気を混合させ、その空気を加熱または冷却してダクトで室内に送風します。代表的な使い方は、体育館や劇場などの大空間で使用されています。

水-空気方式

水と空気の両方を併用し熱を運びます。空気の清浄度を保つために必要な外気の取り入れは全空気方式と同様とし、室内の温度調節は温・冷水を室内に設置された熱交換器へ取り込まれます。

全水方式

温・冷水といった水だけを利用し熱を運ぶ方式です。空気を使用しないので大きなダクトスペースが不要といったメリットがあります。

冷媒方式

代表的なものが家庭用のエアコンになります。他の方式に比べて高機能、低価格化が進んでおり省エネの面でも優れています。

 

空調システムにもさまざまな種類があります。コスト面や環境面に配慮しながら建物の構造や目的、各空調機器の特徴をふまえて総合的に検討し、使う人が快適に過ごすことができる建物の空気を効率よく作りださなければならないのです。

 


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop