06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

火災を初期で食い止めてくれるスプリンクラー設備の仕組み

 

火災が発生してしまった場合、

消防車が来るまでの間に自動で初期消火をしてくれるスプリンクラー。

しかし、その詳しい仕組みまでわかっている方はそう多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、火災時に心強い味方になってくれる

スプリンクラーの仕組みをご紹介していきたいと思います。

 

 

▶︎スプリンクラーとは?

スプリンクラーとは、消防用設備の一つであり、

火災発生時に自動で大量の散水を開始し、迅速な初期消火を促す設備です。

設備の費用は高いですが、建物の火災時の安全を図るには良い設備だと言えます。

マンションの11階以上の階層には、消防車のはしごが届かないため、

スプリンクラーの設置が義務付けられています。

他にも、不意の火災で甚大な経済的損失を被るおそれのある大型倉庫や工場、

火災が発生すれば消火が困難な高層建築物や地下街、

特に福祉施設・病院・ホテル・百貨店など、火災が発生すれば

大勢の人の命に関わる事態が懸念される建物で使用されています。

 

 

▶︎スプリンクラー設備の構造と仕組み

スプリンクラー設備は、水源と加圧送水装置、配管、制御弁や流水検知装置、

そしてスプリンクラーヘッド、送水口からなります。

スプリンクラーヘッドは、火災時の熱により容易に溶ける合金や

熱で破裂する揮発性の液体を満たしたガラス球で封じられている

「閉鎖式スプリンクラーヘッド」が用いられています。

一般的に設置されているものは、

配管内が常時満水状態ですぐに放水が出来る「湿式」と言われている方式です。

「湿式」のスプリンクラーでは、水は弁によって塞がれていますが、

火災が起き、火元の熱によってスプリンクラーヘッド内部の可溶片が溶けると、

繋ぎ合わさっていたパーツが分解されて落下します。

それによって弁が降下し、塞がれていた水はデフレクターという部分にあたることで

均一に散水される仕組みになっています。

一般的なスプリンクラーポンプ(加圧送水装置)は、

圧力タンクを備え付けて配管内に水圧を与えており、

複数の配管はそれぞれ制御弁と流水検知装置を経由し、

スプリンクラーヘッドに繋がっています。

火災が起こるとヘッドが開いて、散水が始まると同時に流水検知装置が作動し、

圧力タンクの水圧が低下します。

この二つの信号のいずれかにより、スプリンクラーポンプが起動し、散水を継続させます。

 

 

▶︎スプリンクラーの種類

すべて同じに見えるスプリンクラーでも、実は様々な方式があります。

「湿式」は最も広く採用されている方式で、

天井の高さが10m以下(物販用途等は6m以下)の対象物に設けられており、

貯水装置からスプリンクラーヘッドまで水で満たされているので、

非常時には素早く散水を開始できます。

この他にも、環境や条件によって様々な方式のスプリンクラーがあります。

寒冷地で暖房を使わない建物など、

配管内の水が凍結する恐れのある対象物に用いられる「乾式」は、凍結防止のため、

配管内は流水検知装置からスプリンクラーヘッドまで加圧空気で満たされています。

「予作動式」は、特に電算室やサーバールームなどのスプリンクラーヘッドの破損や

誤作動などによる水損事故を避けたい場合に用いられます。

火災報知器などの外部機器が反応することによって流水検知装置が作動し、弁が開きます。

また、舞台や倉庫など、

急速に火災が拡大する恐れのある可燃物が存在する対象物に用いられる「開放式」は、

常時スプリンクラーヘッドが開いた状態で、

火災報知器の作動、もしくは手動によって範囲内のスプリンクラーヘッドが一斉に散水します。

そして「放水式」は、アトリウムや吹き抜け等の大空間で用いられ、火災報知機の作動によって、

天井や壁面に設置されたスプリンクラーヘッドや

散水範囲を変えられる放水銃から一斉に散水するというものもあります。

 

 

▶︎まとめ

スプリンクラーは消火において非常に効果的な設備だと認められています。

普段の日常生活では、スプリンクラーについて気にされないことが多いと思いますが、

どこからどのように散水されるのか覚えておくと、いざという時に役立つかもしれません。

 

大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop