06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

消防設備の日常点検をして安心・安全性を保守しておこう

 

消防設備とはどんなものなのか、一般的にピンとくる人は少ないかもしれません。

火災予防のための設備であったり、火災発生時に役立つのが消防設備になります。

これらを使わないことが一番理想的ではありますが、

実際に火災が発生した際に使えるように日常点をしておかなければなりません。

では、消防設備にはどんな点検が必要になるのでしょうか。

 

 

▶︎消防設備とは

消防設備と一口にいっても、一般家庭から、商業施設などを含めて様々な設備が設置されています。

例えば、消火器をはじめ、スプリンクラーも設置されています。

水噴霧・泡消火・不活性ガス消火・粉末消火設備などは、消火させる内容も異なります。

さらに、火災報知設備も重要視すべき消防設備です。

ガス漏れ火災を警報で知らせてくれたり、漏電火災を警報で知らせてくれたり、

何なら、消防機関へ通報する火災報知設備もあります。

また、携帯用となる拡張器だったり、非常ベルや自動式サイレンなども消防設備に該当します。

賃貸アパートやマンションとなれば、避難はしごや緩降機などの避難器具であったり、

真夜中でも灯りが目立つ誘導灯(標識)なども消防設備となります。

 

 

▶︎消防設備の日常点検

日常点検ですから、まずは目視することが大事です。

例えば、消火器も日常点検が必要になります。

一般家庭にもあるのではないでしょうか。

点検を怠ることにより、例えば、加圧式のタイプならば、

いざレバーを握って消火活動をしようとした瞬間に消火器が破裂するトラブルも懸念されます。

目視して、錆びている、傷がある、膨張やヘコんでいるなどを確認できれば問題発生が回避できます。

日常点検としては、主に外観判断になります。

具体的な内容としては、消火器であれ、スプリンクラーであれ、目視での確認です。

まずは、持ち運びができる消防設備ならば、定められた場所に設けられているかを確認しましょう。

ちなみに、消防設備に関しては、水気・凍結のおそれのある場所は不向きとなります。

また、周囲に障害物がないかも確認しましょう。

さらに、先にあげたように、変形していないか、損傷や腐食はないか、

特にスプリンクラーなどは消火水を散布するのでどうしても腐食してしまったり、錆付きがちです。

実際に消火活動する際に、動かないこともありますから、

こうした目視による点検は日常的に行いましょう。

ちなみに、家庭用と業務用では構造そのものにあまり違いはありませんから、

業務用でも日常点検は目視だけでも十分です。

ちなみに、消火器の日常点検では正規の位置というのが定められています。

これは一般家庭ではないのですが、マンションや商業施設、病院など、

不特定多数の人が往来する施設においては、定められています。

各階において歩行距離20m以内ですから、日常的に移動していないかも確認しましょう。

 

 

▶︎基本中の基本

万が一の火災が発生したとき、初期消火が成功しなければ二次災害にも繋がります。

消防設備というのは、その二次災害を防ぐための設備でもあるので、

障害物があって取り出せないことにならないように、設備のまわりにも気を配りましょう。

スプリンクラーも同じ、散布したいのに背の高い植物などがあったりすれば機能しなくなりますから、

日常点検ではまわりに障害物がないか、あるなら移動させるのが重要です。

また、外観で異常があれば不良といった考え方で問題ありません。

変形は特に分かりやすいでしょう。

膨張していたり、ボコッとヘコんでいるなら不良品となります。

考え方としては、中古になれば、問題になるケースがあるということです。

設備にも耐用年数があります。

管理体制の問題とは考えず、まずは見ることをしましょう。

 

大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop