06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

スプリンクラーの設備や作動条件についてチェックしてみよう

 

スプリンクラーはポンプから配管を伝い、

消火水を建物の隅々にまで送るスプリンクラーヘッドを取り付けた設備だといいます。

ビル・マンションなどに設置されていますが、

実際に作動した場面を見る機会はそうそう無いでしょう。

作動条件などがあるのか、細かくチェックしてみましょう。

 

 

▶︎火災が起こった時のスプリンクラー設備の仕組み

建物火災が起こったとしたら、

スプリンクラーのベッドが溶けて、消火水による放水がスタートします。

このとき、火災の熱をスプリンクラーヘッドが感知することがポイントになります。

内蔵型の温度ヒューズが溶けるのですが、

この状態でポンプは動かず、配管内圧によりセーブされた状態です。

作動条件になるには、配管内の圧力が低下、スプリンクラーポンプの圧力タンク内圧も低下、

それにより圧力タンクの減圧を圧力スイッチがキャッチします。

それによってスプリンクラーが放水します。

 

 

▶︎様々な方式がある

ビル・マンションなどに設置されている消火設備ですが、

先にあげたように、配管内を常に水で満たしているタイプを湿式といいます。

湿式の設置環境としては、ビル・マンションなど、天井の高さが10m以下だといいます。

湿式は、貯水タンクからスプリンクラーヘッドまで

パイプの中を常に消火水で満たされているのが特徴、迅速な散水ができます。

湿式があるのですから、乾式もあります。

設置環境としては、寒冷地で暖房を使わない建物です。

いわゆる配管(パイプ)内の水が凍ってしまう可能性の高い建物に用いられます。

例えば、スケート場などです。

こちらは、流水検知の装置からスプリンクラーヘッドまでを消火水でなく、

加圧空気で満たしています。

一般的には、湿式のスプリンクラーが設置されています。

ヘッドまで常に満水、しかし水は弁によって塞がれているので放水はされません。

作動条件になるのは、火元の熱によって作動します。

ヘッド内部の可溶片が溶けることで、溶けた破片はヘッドから床へ落下、

それによって塞がれていた弁も降下して散水されます。

作動条件が熱を感知する仕組みによるため、

もしも火災に気付かないとき、火災が発生しても消火をしてくれます。

 

 

▶︎作動条件になる熱の温度

マンションの11階以上の階層で火災が発生したとしても、消防車のはしごは届きません。

だからこそ、スプリンクラーの設置が義務付けられています。

さらに、はしごが届くとしても、映画館・養護老人ホームなどには必要な設備だと言われています。

また、誤作動を起こす可能性があるのは、

ヘッドにライターなどの火・熱を近づけてしまうことにあります。

ヘッドの真下に暖房器具を設置してしまうと、火事だと誤作動する場合もあります。

スプリンクラーが作動する温度はどれくらいなのでしょうか。

スプリンクラーヘッドの仕組みは、内部の温度ヒューズが溶けることがポイントです。

それが溶ける温度ということになるので、設置する場所によって、72℃・96℃・139℃で作動します。

例えば、96℃の作動条件となるのは、飲食店の厨房など、比較的高温の熱が発生する場所です。

139℃というなら、サウナなどが当てはまります。

 

 

今回は、スプリンクラーの設備や作動条件についてご紹介しました。

火災を早く消火させるためには、スプリンクラーが必要になります。

もちろん、仕組みは至ってシンプルですから、

面白半分に誤作動させないように努めるようにしましょう。

また、定期的にパイプなどのメンテナンスも必要になるでしょう。

経年劣化というトラブルにより、散水できなくなる可能性もゼロではないので、

管理会社に依頼して調査してもらうことや、火災訓練なども行うのも大切になります。

 

大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop