06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

消火栓の使い方、ご存知ですか?


駅やビル、マンションなどいたるところに消火栓は設置されています。道路にも黄色い四角で囲まれたマンホール蓋に消火栓と書かれて設置されており、結構身の回りに消火栓はあります。

消防隊だけが使うものだと思っている方が多いのですが、この消火栓は発生時には誰もが使って良いもので、万が一の為に使えるようにしておかなくてはなりません。

 

消火栓は公設と私設の2種類に分かれます。

公設の消火栓は消火水利の一つとして市町村によって設置されており、上水道管に連結して道路上に100m~200m間隔で設置されています。私設の消火栓は、消防法により設置が義務付けられ、建物所有者の負担で設置される消防用設備です。

消火栓はタイプによって最低2人の操作が必要なものと、1人のみで操作可能なものの2タイプがあります。

 

最も一般的な1号消火栓はパルプ側とホース側に1人ずつ合計2人での操作が必要です。1号消火栓とはホースが折りたたまれて消火栓ボックスに収納されているため、ホースを延長した後でないと水をホース内に流すことができません。このため、ホースを火元付近まで延長し放水する人消火栓のバルブを開放する人2人の操作員が必要となります。

 

「1号消火栓」の場合、最初に起動ボタンを押さないとポンプが起動しないため、この後の作業をいくら正確にやっても水がまともに出ません。ポンプが起動すると点灯している赤色灯が点滅。火災報知器が連鳴し、防災センターへ通知されます。

 

放水の際は、ホース側の担当者は筒先(ノズル)を腰に保持し、けっして放水中は筒先を離さないように。離してしまうと筒先が暴れ、体に当たり大怪我をします。ホース担当はできれば補助・伝達・後方安全確認のためもう1人いた方が良いです。建物内での初期消火は、外からの放水と違い放水すると煙や炎が壁や天井で跳ね返り、ホース担当者を襲います。

 

一方、易操作性1号消火栓、2号消火栓タイプは、ホースノズルに開閉バルブが付いているので1人でも操作が可能です。易操作性1号消火栓、2号消火栓は、ホースがドラムに収納されているため、収納状態でもホース内に水を流すことができます。このため1人で操作することが可能です。

 

ノズルとホースを取り出したうえで、開閉バルブを開けます。バルブを開けると自動的にポンプが起動するので、起動ボタンを押し忘れる心配はありません。

 

火元に近づくほど、煙・炎・熱風などで2次災害のリスクがありますから保護具(防煙マスク、手袋)などは必ず着装しましょう。1人での操作が可能であっても、できれば1人での行動は避け、複数人で対応しましょう。消火後にはバルブを閉めることも忘れずに。

 

また屋内消火栓の放水で気をつけなくてはいけないのは水損です。消火時は大量の水が出続けるため、火元の下階まで水損し、数百万以上の被害になってしまうことがあります。最近は大量注水を予防するための放水量を調節できる「噴霧注水」ノズルも開発されています。

 

握り拳ほどの小さな火であれば、まずは、ペットボトルのお茶やコーラでも消えることや可燃物を部屋の外に掃き出すことで叩き消すこと、など代替方法も覚えておくと良いでしょう。


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop