06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

業務用エアコンの寿命を伸ばすためには?


▶︎設備状況や種類をきちんと把握しておくことが大事
「業務用エアコン」と一つに括ってあっても種類や設備状況によって耐用年数は異なります。

新しくオフィスを構える際、ビルや建物の一部を借りて事務所にするなどの場合は事前に確認しておきましょう。

 

▶︎耐用年数と寿命の違いとは?
ここまで耐用年数について説明しましたが、
寿命とあまり違わないように感じている人もいるのではないでしょうか。
しかし、耐用年数と寿命では、根本的な意味が異なります。

耐用年数は法で定められたその物が保つ期間を見積もった年数のこと、
すなわち事前にわかっている年数のことですが、
寿命はそのものが壊れたり、機能しなくなった時、後にわかる年数のことです。

さらに耐用年数は決められていますが、寿命は伸ばすことが可能です。
定期的にメンテナンスを行うことで、耐用年数をさらに伸びる可能性が高くなります。
次はどのようなことを気をつければよいのか、なるべく簡潔にわかりやすく紹介していきます。

 

▶︎耐用年数はあくまでも目安として考えましょう
耐用年数は減価償却資産税の計上の際に必要になってくるものではありますが、寿命ではありません。
ただ、◯◯であれば◯◯年はもつであろうと物一つ一つに決められています。

冷暖房設備であれば耐用年数の15年又は13年、6年くらいの期間は保つであろう、という目安にするようにしましょう。

 

▶︎寿命を伸ばすための秘訣とは?
耐用年数を延ばすことはできませんが寿命は延ばすことができます。
どのようなことが寿命に関係しているのか、きちんと把握して徹底するようにしましょう。
・定期的な清掃
室内機、室外機どちらにおいても定期的な清掃は寿命を延ばす重要事項と言えます。
業務用エアコンとなると家庭用と違い冷暖房能力も高く、構造も複雑ではありますが、
フィルターの清掃くらいは専門家でなくてもできますので、まずは目視点検から始めていきましょう。

少なくとも1ヶ月に1回は定期的に清掃するように心掛けましょう。
清掃をすることで寿命を延ばすことにもつながり、電気代の節約にも貢献してくるのです。

・定期的なメンテナンス
清掃とは少し異なるメンテナンス、点検ですが業務用エアコンに関しては一部を除いて義務づけられています。
定期的に行うことによって部品の破損や、修理箇所の早期発見にも繋がるので、
自身で行える箇所はきちんと点検するように徹底しましょう。
修理代を惜しむあまり、メンテナンスを怠ると、耐用年数よりも早く壊れてしまうこともあるので、
定期的にチェックしていきましょう。
不明点があればメーカーのカスタマーサービスに問い合わせてみるのもいいかもしれません。

 

▶︎あくまでも耐用年数は目安、寿命を延ばす対策を
耐用年数は減価償却費として計上するためには必要なものです。
しかし、寿命と同じではありません。
寿命を延ばす術はたくさんありますので「耐用年数=寿命」と考えないようにしましょう。

業務用エアコンは決して安価なものではありません。
清掃や点検を怠っていると早期の故障の原因にもなりかねないので、
企業の担当者の方はよりいっそうメンテナンスを徹底するようにしてください。

経費削減の為に電気代のことを考慮するのも大事ですが、
約15年は保つ寿命を半分にしてしまっては意味がありません。大切に扱うようにしましょう。

 


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop