06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

冷暖房に関する悩み <空調の違いとは>


何だか自宅よりもオフィスの方が乾燥している気がしませんか?
空気が乾燥することにより、健康面で様々なトラブルを引き起こしますし、
空気環境は業務にも影響を及ぼすこともあります。
冷暖房や様々な機器を多く使用している事でおこるオフィスの乾燥の原因と、
湿度と体の関係をご紹介します。
 
冷暖房や空調の問題
 
何かと不満の声があがる空調の問題。
設定温度が同じでも場所によって寒いと感じる人もいれば、暑いと感じる人もいます。
人によって体感温度に差があるとはいえ、そもそもの空調方式に原因があると考える方も多いようです。
果たして原因は空調の方式だけなのでしょうか。
 
個別空調とセントラル空調の違いを知る
 
個別空調方式とセントラル空調方式の違いを知っておきましょう。
 
個別空調方式
 
個別空調方式とは、事務所の一定エリアごとに冷暖房の切換、室温設定、風量設定などを
専用室内にある手元のコントローラーによって、一定の範囲で自由に設定できる方式のことです。
 
セントラル空調方式
 
セントラル空調方式とは、建物の1ヶ所または各フロアに設置された装置から、
各専用室に冷温水や冷温風を送る方式で行う冷暖房のことです。
1フロアが300坪を超えるようなクラスの大規模なビルでは個別空調で対応しきれないため、
セントラル空調を採用している場合が多いです。
オフィスの空調問題の解決方法として「セントラル空調より個別空調」にした方が良い、
といったように空調の方式だけに着目して解決しようとする場合も多いようです。
しかし、本来確認すべきポイントはそこだけではありません。
どういったポイントに着目すべきなのでしょうか。
 
快適オフィスのための、チェックポイント
 
社員がより快適に働ける環境を整えるため、事前に確認しておくべきポイントをご紹介します。
 
「手元」で各種設定できる
 
最近ではセントラル空調方式でも個別空調方式のように、
各種設定を個別にできるビルが増えてきました。
空調のオン・オフだけでなく、風量や温度の設定などが
入居者の専用室内にある“手元”のコントローラーでできたりします。
この“手元”で各種設定が可能かどうかを確認しましょう。
 
ペリメータゾーン
 
あまり聞きなれない言葉ですが、建物内でも窓際のように、
室温が外光や外気に影響されやすいエリアをペリメータゾーンと言い、
内部の外光や外気に影響されにくいエリアをインテリアゾーンと言います。
このペリメータゾーンに空調設備が無いと外光や外気の影響で
室内の温度差が大きくなりますので、
ペリメータゾーンの空調対策を行っているビルかどうかを確認しましょう。
 
オフィスの環境
 
空調はオフィス内だけの問題ではなく、外部環境にも影響されます。
例えば、全熱交換器(換気によって失われる外気と熱交換・回収する装置)が
設置されている場合には、外気を取り入れることによって
快適な室内環境を損なわずに空調の負荷を低減することができるため、快適性が高くなります。
全熱交換器の設置状況を確認しましょう。
また4コマ漫画にもあったように、オフィスの方角も重要なポイントです。
住宅の場合は日当たりを考慮して南向きが良いとされています。
しかしオフィスの場合では、夏の強い日差しは業務の妨げになるため、
むしろ北向きが良いケースも考えられます。


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop