06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

さまざまなタイプで消火に対応するスプリンクラー設備の種類について

 

スプリンクラー設備には、設置するスプリンクラーヘッドや配管方式によって種類が異なり、

これを設置または使用するには、正確な知識が求められます。

そこで、スプリンクラー設備とその種類について、わかりやすくまとめましたので、

知りたい方は是非参考にしてみてください。

 

 

▶︎閉鎖型

閉鎖型のスプリンクラーヘッドは、水口が平常時には閉鎖されており、

火災により感熱部が一定の温度に達すると出口が開放する構造のスプリンクラーヘッドです。

感熱部には「ヒュージブルリンク(熱で溶ける合金)」を用いたものと、

熱により中の液体が気化することで破裂する「グラスバルブ」を使用したものがあります。

閉鎖型のヘッドを用いるスプリンクラーは、

天井の高さが10m以下(物販用途等は6m以下)のところに設けるものとされています。

これは、高天井になると火災時に天井での熱の集積が遅くなり、

ヘッドの作動が遅れる懸念があるためです。

閉鎖型スプリンクラーは配管方式によって3つの種類に分けられます。

 

湿式

湿式のスプリンクラーは、広く一般的に用いられているスプリンクラー設備です。

貯水源から末端のスプリンクラーヘッドまで、配管内は常に水で満たされているので、

スプリンクラーヘッドが作動すると、直ちにヘッドから散水されます。

ヘッドからの放水に伴って湿式流水検知装置が開くと同時に圧力タンクの水圧が下がり、

スプリンクラーポンプが起動して散水を継続させます。

 

乾式

おもに寒冷地で暖房のない建物など、配管内の水が凍結する恐れのある対象物に用いられます。

なので配管内は水ではなく、

空気コンプレッサ一等から供給される低圧空気により常に加圧されています。

スプリンクラーヘッドが作動すると、配管内の空気がヘッドから排出され、管内圧力の低下伴い、

流水検知装置が開くと同時に警報装置が作動、

弁の二次側ヘ通水、スプリンクラーヘッドより散水されます。

 

予作動式

おもに、スプリンクラーヘッドの破損や誤作動による水損を避けたい通信機器室や

電算室などに用いられるスプリンクラーです。

スプリンクラーヘッドとは別に、熱や煙、炎を検出する火災感知器を設け、

流水検知装置からスプリンクラーヘッドまでの配管内は、

常に低圧の空気により加圧されています。

火災感知器が作動すると、その信号により流水検知装置が開き通水、

そしてスプリンクラーヘッドが作動し散水されます。

もしスプリンクラーヘッドが誤作動してしまっても、

予作動式流水検知装置は開かないので、事故による水損を防ぐことができます。

 

 

▶︎開放型

高天井かつ大量の可燃物が存在する劇場の舞台等で設置されます。

放水区域ごとに手動起動弁を設け、火災感知器と、

感熱部の無い開放型スプリンクラーヘッドと配管を配置し、

火災時には制御盤、または手動起動装置のバルブの操作や、

遠隔からの電磁弁操作により一斉開放弁を作動させ、

一定範囲のスプリンクラーヘッドから一斉に散水できる種類のものです。

 

 

▶︎放水型

天井部分が10m以上(物販店舗等は6m以上)の施設に必要なスプリンクラーです。

おもに、ドームやアトリウム、吹き抜けのような大空間で、

壁面あるいは天井面に設置された固定式のスプリンクラーヘッドから一斉に放水するものと、

放水範囲が自由に変えられる放水銃などの可動式ヘッドを使用したものがあります。

システムの構成は開放式とほぼ同じですが、

可動式のヘッドを利用するシステムでは、センサーで火災現場を特定し、

自動で照準を合わせて放水したり、鎮火を確認したら自動的に放水を停止するなどの、

より進化した制御が行われることもあります。

 

 

▶︎まとめ

消防法で設置が義務付けられているスプリンクラー設備ですが、

その種類について理解は深まったでしょうか?

スプリンクラー設備は病院や、社会福祉施設、旅館、飲食店など、

延べ面積や物件の高さなどによって設置義務の有無やその種類、個数も変わってきます。

構造が複雑で点検すべきポイントが多いので、設置または点検の際は専門家に相談しましょう。

 

大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop