06-7506-1732

営業時間 8:00~17:00

新着情報

NEWS

マンションの消防設備点検について


▶︎消防設備点検とは

消防設備点検は、消防法に基づいて定期的に行う必要があり、

火災時に消防用設備が正常に作動するように行います!

火災の逃げ遅れを防ぐためには、火災が起きた際に自動火災報知機で火災の発生を知らせたり、

避難器具によって避難経路を確保したりする必要があります。

しかし、このような逃げ遅れを防ぐための消防用設備も、

法令通り半年に1回の消防設備点検をしなければ正常に作動しない場合もあるのです。

 

▶︎点検の内容と期間について

点検は半年に1回行います。

点検は、『機器点検』と『総合点検』に分けられます。

 

・機器点検[6ヶ月ごと]

消防設備の機器が適切であるか、設備の損傷等が無いかなど、

外観から、または簡易な操作によってできる事項の確認を行います。

 

・総合点検[1年ごと]

消防設備の全部、もしくは一部を作動させ、

該当消防設備の総合的な機能を種類に応じ、点検基準に基づき確認します。

総合点検は、機器点検に点検項目が追加されたものとなり、

自動火災報知設備の場合、予備電源に切り替えた状態で火災感知器が正常に動作するかの確認を行います。

また、屋内消火栓設備の場合は、実際に放水試験をし、放水圧力に問題が無いかの確認を行います。

 

『機器点検』と『機器点検+総合点検』を半年ごとに繰り返します。

また、マンションは基本的に共同住宅となるため、

3年に1度 消防長、または消防署長に報告しなければなりません。

 

▶︎点検は有資格者が行う

消防設備を点検するためには専門的な知識・技能を必要とします。

そのため、点検は有資格者が実施します。

資格には、消防設備士と消防設備点検資格者の2種類が存在しており、

消防設備によって必要な資格が変わってきます。

消防設備士は乙種1~7類・甲種1~5類・特種があり、

消防設備点検資格者は第1種・第2種・特種があります!

どちらも国家資格となります。

 

▶︎設備の種類

消防設備は大きく分けて、

『消火設備』『警報設備』『避難設備』『消防用水』『消火活動上必要な施設』の5つに分類されます。

・消火設備:消火器、屋内消火設備などの消火する為の設備のことです
・警報設備:自動火災報知設備など火災を感知し知らせる設備のことです
・避難設備:避難はしご、誘導灯及び誘導標識など避難する際に必要な設備のことです
・消防用水:防火水槽など消火活動に使用するものとなります
・消火活動上必要な施設:連結送水管など消防隊員が消火時に使用する施設となります

 

消火器・自動火災報知設備・避難はしごなどは、馴染みが深い消防設備ではないでしょうか。

それぞれの設備に設置基準が設けられています。

マンションも基準に適合した消防設備が備え付けてあります!

 

▶︎点検の内容

消防設備点検は、各設備に対応した点検表を元に点検を行います。

消火器の場合、設置場所には問題ないか、消火器の外形に問題ないか、などの点検を実施します。

火災報知設備や避難はしごの点検の場合は、部屋の中で機器に不具合等が無いかの点検を行っています。

主な点検内容は下記の通りで、点検表にある項目を漏れが無いよう点検を行います。

・消火器や連結送水管の標識に破損・不鮮明なものは無いか
・蓄圧式消火器の圧力は正常値内にあるか
・火災感知器は正常に動作するか
・火災ベルは正常に鳴動しているか
・火災受信機の動作に問題は無いか
・避難はしごは腐食や破損が無く降下空間に障害物が無いか
・誘導灯や表示灯の電球は切れて無いか

消防設備に応じて適切な点検器具を使用して点検を行います。

 

 

今回は、マンションの消防設備点検についてご紹介しました。

消防設備点検は消防法で定められている大切な点検になっており、

マンションの安全を守るだけでなく、皆さんの命を守る設備なのです。

 


大阪府の配管工事や消防・空調・衛生設備の施工は有限会社TSKにお任せ下さい。


会社名:有限会社TSK(旧社名:辻本設備工業)

住所:〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1丁目4-13

TEL:06-7506-1732 
FAX : 06-7506-1733

営業時間 :8:00~17:00 定休日:日曜/祝日(現場に準ずる)

対応エリア:関西圏

業務内容:管工事業

求人応募はこちら

pagetop